初級レベル英語を一気に上げた体験談【シドニー語学学校編】

私がオーストラリア生活をスタートさせた時の英語力は超初級レベル。高校生レベルの英語でもあやふやな状態でした。そこから17週間(約4ヶ月)で3段階のレベルアップをしました。

Elementary(初級)→ Pre-intermediate (中級下)→ Intermediate(中級)

日常会話もままならなかった私が、日常会話に支障ない程度まで短期間で成長できたのは間違いなく語学学校に通っていたからだと言えます。

実際にどんな過程で成長していったのかをお話しします😊

スポンサーリンク

語学学校へ入学 #会話ができない

私は、当時利用していた日本のエージイェンとの勧めでシドニーの中心街にある「Greenwich College」へ入学しました。

入学当日のレベルテストでの結果はElementary。下から2番目のクラスでした😅

先生の言っていることはなんとなく分かるけど、うまく返答できない。作文を書くにも文章の繋げ方が分からない。って感じでした😅

Elementaryのクラス

最初の2週間は、自分の喋れなさに「ショック」というよりは「もどかしさ」がかなりありました。。。

今でも覚えているのが、同じクラスの韓国人の友達とショッピングに行った時に向こうはいっぱい話してくれるけど、上手い返しができずになかなか会話が続かな買ったことがあります。

すごく励ましてくれて、優しくしてくれた彼女とは今でも友達ですが、その当時は「申し訳ないな」という気持ちが強かったです、、。

最初のレベルアップ #友達と話せるようになる

初めての授業を受けた時に衝撃を受けました。

その理由は、

授業内容があまりにも簡単すぎる!!

正直なところ授業が退屈に感じるくらい簡単だったので、「なぜこのクラスになったのだろう🤔」という気持ちがありました。

しかし、私の課題は明確でした。

自分の持っている英語の知識をアウトプットすること

思ったことを言葉にして相手に伝えることが最初の課題でした。

毎週行われるテストで次の週のクラスが上がるかどうかが決まるシステムだったので、「数週間のうちに上のクラスに行く!!!」と決意しました💪

努力の甲斐あり、4週間目で次のレベルのクラスに上がれることになりました🙌

いやぁ、あの小さなステップアップが本当に嬉しかったです😂

コースの変更 #自発的に会話ができる

新しいレベルになって2週間しか立っていませんでしたが、日常的に使う英語を学ぶ「一般コース」から、英語の資格テスト用のコース「ケンブリッジコース」へ変更をしました。

詳しい理由や、授業内容などは別の記事に書きたいと思いますので今回は割愛します🙌

このコース変更をしたあたりから、自分の英語の話すスキルが格段に伸びているのを実感しました。クラス内での発言や、ちょっとしたプレゼンテーションなんかもこなせるようになりましたね✅

同時期に仕事探しも初めて、英語を使う機会がかなり増えた時期でもあります。

コース終了間近(語学学校卒業)学校の外でも使えるようになる

最初にIntermediate(中級)までレベルを上げたとお話ししましたが、実際にはケンブリッジコースを終えて残りの2週間を一般コースに戻したのですが、その2週間はUper-intermediate(中上級)で勉強してこの語学学校を卒業しました。

実質4つのクラスレベルを上げたのですが、Uper -intermediate のレベルの学習は習得しきれなかったのが正直なところだったので、卒業時はintermediateレベルだったと思っています✅

平均的に、一つのクラスレベルを上げるのには2ヶ月(8週間)かかると言われていますが

実際、私は3週間に1回のペースで上がることができました。

逆に、4ヶ月間でやっとクラスを一つあげているという人もいたのはなぜだったのか?

私が個人的に考える違いは次の2つ。

①友達との交流

Greenwich College では授業以外の交流アクティビティが多かったのもありますが、生徒同士だけでなく先生と生徒の距離が近く、BBQやパーティ、イベントなどコミュニケーションをとる機会がたくさんありました👍

そうなると、自然と学校以外の時間を一緒に過ごすことが増え必然的に英語を話す機会が増えます。授業以外での会話はかなり重要で、ネイティブでなくとも自分より喋れる人からは自然な言い回しをたくさん学べます

毎日のように放課後は1時間でも友達と喋り倒して、自然な会話を身につけられてい他のだと思います。

反対に、周りが声をかけても人との関わりを避けがちな生徒は、学校と家の往復だけで1日が終わっていたのかもしれません。

私自身は、かなり控えめな方で人見知りもたくさんしますが、最初の時期に意識していたのは

話しかけられたら、会話を広げる努力をする。

イベントにはできるだけ参加する。

ということだけです。

普段より億劫に感じることもあると思いますが、スピーキングの練習になるだけでなく思いがけない出会いがあったりもするので、話す機会を自分の意思で増やしていくといいと思います。

②なんでも挑戦すること(学校外)

挑戦というと大袈裟ですが、小さな勇気と行動から成長したこともたくさんありました。

✅例えばショッピング中に探しているものが見つからない時

自力で見つけることもできるかもしれませんが、店員さんに聞いてしまうのが早いですし英語の練習にもなります。商品名を聞き取ってもらえなければ、用途を説明して伝えることも必要になります。

✅銀行のカードや携帯のトラブルがあった時、電話が怖くて直接店舗に行きたくなりますよね?

でも電話で解決できることを、わざわざ時間をかける必要はありません。少しの勇気を出して、電話で問い合わせてみましょう☀️

こういった、小さなことでも英語が理由で避けてしまいそうなことにチャレンジし続けるのも私の英語力の成長の助けになります。

最後に

もし語学学校に通っていなかったら、4ヶ月という短い期間でここまでの英語力は上げられなかったと思いますし、それも学校の授業だけでなくレベルやコースを超えた友達ができたことは大きく影響したなと思います。

学校が提示しているレベルアップモデルは、平均でしかありません。語学学校に通える機会をうまく利用できるかどうかは自分次第だと言うことです。

まだまだ勉強中ですが、私の経験からモチベーションをあげてほしいなと思いますので、これからも参考になるような記事を書いていけたらと思います😊

スポンサーリンク